アレコレ読みたい雑記

ジャンルを問わず書籍読んで感想書くブログ

現代思想入門

[著者:千葉雅也/講談社]

 入門の前の入門書と位置付けられているんですが、それでも素人には敷居が高い、難易度が高い、みたいな取っ付き難さはありました。

 「ちょっと興味を持ったから現代思想の哲学に触れてみたい」とか気軽に手を出したら返り討ちに合うかも知れないです。それでも多分、かなり敷居を下げた書き方をされているような感じはしたんですけどね。

 とりあえず、本文を読む前に巻末付録の『現代思想の読み方』を先に一読しておいた方が良いです。それだけでも、本書を通じて著者の伝えたい意図や、とにかく小難しい言い回しをなるべく噛み砕いて捉える方法が分かるのではないかなと。